カテゴリー:食事・調理介助

  • 食事を楽しむための嚥下体操を実践しよう

    食事の前の準備として、誤嚥を防ぎ嚥下機能を向上させるためにも口の周りの筋肉を動かして食べやすい状態を作ることが大切ですから、嚥下体操の方法についてご紹介いたします。 まずは両手を上げたり下げたり、左右に動かしたりし…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 食事中にむせてしまったら、適切な対処方法は?

    食事介助の際に、介護される方が噎せてしまったという経験のある方もいるかもしれませんが、その時の適切な対処方法についてご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみましょう。 食事中に噎せるのは、誤嚥を防ぐために起こる大切な…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • そぼろ餡掛け豆腐の介護食を作ろう

    いつもの食事にちょっと工夫するだけで、高齢者でも食べられる介護食を作ることができますから、今回は豆腐のそぼろ餡掛けの作り方についてご紹介いたします。 噛む力が衰えていても、口から栄養を補給することが大切ですから、豆…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 食事介助で知っておきたい姿勢と介助の方法

    嚥下障害のある方は、安全に食事を摂るためにも正しい食事介助を行うことが大切ですから、食事前にやっておくべき姿勢や環境のチェックについてご紹介いたします。 食事は基本的に座位で行うものですが、病気などにより体が思うよ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 在宅での食事介助の基本

    自宅での食事の介助がスムーズにできるためには介助の基礎や姿勢などの知識を身につけておくと便利ですから、理解した上で介助を行うようにしましょう。 普段のように座って食べる場合やベッド上で上体を起こして食事する場合と、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • MFSやわらか食

    咀嚼や嚥下が困難だとしても、毎日食事は摂らなければなりませんので、食事介助の負担が軽減できる介助食についてご紹介いたします。 やわらか食は、見た目や味は通常と同じですが、柔らか製法により食べやすい柔らかさが実現して…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 介護皿 すくいやすい皿

    その名前の通りまさに「すくいやすいお皿」で、裏面の3ヶ所に滑り止めが付いていてお皿自体が滑らないようになっているのにはじめ、その形状もすくいやすいように考えられています。 例えばスプーンを使って食べている時に、お皿…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る