正しい食事介助の方法とは

自分で食事が難しいという方への食事介助では、食事介助する上で注意すべきことなどがありますのでご紹介いたします。

介護される人が上の方を向いていて、顎が上がっている状態では誤嚥してしまう可能性が高いので、気道を確保するためにも顎を引いて安定した座位で食事を摂るようにしましょう。

いきなり食べ物を口に入れるのではなく、下唇にコップを付けて傾けるように飲ませることで、口内に飲み物で水分を与えて潤してから食事を行いましょう。

まずは、食事のメニューを利用者に一つ一つ説明し、声がけが大切なので利用者が食べたい物を聞いて、順番に食べてもらいましょう。

一口分はちょうど良い量にして、利用者の口の中に食べ物を詰め込みすぎないよう注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る