移乗介助 スライディングシート

ベッド上で水平移動が出来ない、体の向きを変えられずに起き上がらせるのが困難というのは介護をしていると良く直面するお悩みですが、それを解消するのがスライディングシートです。

滑りやすい生地でできた筒状の大きめのシートで、被介護者の体の下に滑り込ませると簡単に水平移動や体を回転させることが出来ます。
シートの入れ方も簡単で、被介護者の膝を立てて外側の腕を介助者の手前に引き、体を横に向けてシートを体の下にいれましょう。

横向きにすることが困難ならば、頭側からシートを入れるようにしてください。
この場合には、筒状のシートを更に二つ折りにしたら頭とベッドの間にそのまま滑り込ませるだけで入れることが出来ます。

このシートがあるだけでスライドさせるだけで作業が出来ますので、介助者の負担も軽減します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る