食事介助で知っておきたい姿勢と介助の方法

嚥下障害のある方は、安全に食事を摂るためにも正しい食事介助を行うことが大切ですから、食事前にやっておくべき姿勢や環境のチェックについてご紹介いたします。

食事は基本的に座位で行うものですが、病気などにより体が思うように動かせない人は車椅子や寝たままの姿勢で食事をすることがあるのです。

座位で食事する際にはテーブルの高さを確認して、介護される人の肘が90度に曲がるくらいがちょうど良いので、食べ物が見えるかどうかや食事しやすいかどうかをチェックしましょう。

体幹が安定していると食事がスムーズにできますので、上半身の姿勢を垂直にするためにクッションなどを用いると良いでしょう。

猫背の方は顎が上がってしまい、嚥下が困難になっていることが考えられますから、誤嚥予防のために背筋の整った姿勢で食事することが大切なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る