全介助の方をベッドから車椅子へ移乗させる方法

全介助の方をベッドから車椅子へ移乗させる場合には、知っておくと便利なテクニックがありますので理解した上で実践してみましょう。

介助される人の足と足の間に、介助者の足を入れて介助者の肩に掴まってもらうという移乗介助を行うのは、ご本人の前傾姿勢を妨げていますし、足を引きずってしまうので不適切なのです。

介助者の立ち位置や、ご本人の足の位置を考慮した上で介助するとスムーズに移乗することができますから、介助者は車椅子とご本人の間の位置に立って、足は車椅子のすぐ横に片足を置き、もう片方の足はご本人の足の横に置きましょう。

介助者の腰痛予防のためにも、膝を曲げて腰を落とした姿勢で介助するよう心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る