ベッドから車椅子へ、負担の少ない移乗技術

在宅介護では、介助者の負担を軽減させつつ介助することが大切ですから、今回はご本人の残存能力を活かしつつ、ベッドから車椅子へのスムーズな移乗方法についてご紹介いたします。

車椅子への移乗介助では、ベッドと車椅子が同じ高さになっていると介助がしやすくなると言われていますが、相手が立てる場合にはベッドの高さを高く調節できるベッドを選ぶと良いでしょう。

ベッドに浅く腰掛けてもらい、車椅子はベッドから30度くらいの位置に置いておき、車椅子側の足を前に出して、反対の足は後ろに置いたら、乗り移る方の腕を車椅子の手すりにおきましょう。

相手の骨盤を支えつつ立ってもらい、そのまま車椅子へと移動してもらうと綺麗に移乗介助することができますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る