食事中にむせてしまったら、適切な対処方法は?

食事介助の際に、介護される方が噎せてしまったという経験のある方もいるかもしれませんが、その時の適切な対処方法についてご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみましょう。

食事中に噎せるのは、誤嚥を防ぐために起こる大切な反応ですから、噎せた後に呼吸が整っているかどうかを確認してから食事を続行させましょう。

顔色が悪かったり、呼吸がまだ乱れているようであれば食事を中止して、より注意深く観察する必要があるのです。

噎せている最中に、楽にしてあげようと背中を叩く人もいるかもしれませんが、逆効果になってしまうかもしれませんので、背中を摩りつつ声がけを行うようにしましょう。

食事中に噎せても慌てることなく、冷静に対処することが大切ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る