入浴介助は福祉用具を活用するべし

一人で体を動かすことが困難という場合には介助が必要ですが、在宅の介護がスムーズになるように介助方法を理解していると便利ですから、入浴介助で役立つ福祉用具の活用方法についてご紹介いたします。

入浴では、誰もが1日の疲れを癒したり、体に付いた汚れを落とすことができますが、ちょっとした工夫で介助の負担を軽減させることができますよ。

介助で役立つ福祉用具として、風呂用椅子や手すりなどがありますので、揃えておくことにより残存機能を活かすことができますので、負担を減らすことができるのです。

手すりは、部屋から浴室までの道のりに取り付けておき、浴室にも手すりを取り付けて転倒を予防することができますし、福祉用具は介護保険が適用できますのでぜひご活用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る