食事を楽しむための嚥下体操を実践しよう

食事の前の準備として、誤嚥を防ぎ嚥下機能を向上させるためにも口の周りの筋肉を動かして食べやすい状態を作ることが大切ですから、嚥下体操の方法についてご紹介いたします。

まずは両手を上げたり下げたり、左右に動かしたりして肩の体操を行い、ゆっくりと後ろや前に回したら、次に口の体操としてあっかんべーしたり、舌を喉奥に引っ込めるという動作を繰り返し行いましょう。

口の左右の端を舌で舐めたら、舌で鼻の下部分を触るように伸ばし、顎も舌で触るように下げてみましょう。

食事の際には、唾液が出ていることが大切ですから、唾液腺のある耳下腺の部分を円を描くようにマッサージしましょう。

元気に食事を楽しむためにも、施設で食事前のレクリエーションに取り入れてみてはいかがでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る