そぼろ餡掛け豆腐の介護食を作ろう

いつもの食事にちょっと工夫するだけで、高齢者でも食べられる介護食を作ることができますから、今回は豆腐のそぼろ餡掛けの作り方についてご紹介いたします。

噛む力が衰えていても、口から栄養を補給することが大切ですから、豆腐や挽肉などの食べやすい食事や繊維が少ない野菜を活用したり、とろみを付けることにより、飲み込みやすくなり誤嚥を防ぐことができるのです。

材料として、もめん豆腐と挽肉、酒とだし汁、醤油とみりん、生姜汁ととろみを出すためのとろみ剤を用意しましょう。

豆腐を食べやすいサイズに切ったら、挽肉と生姜汁を混ぜておき、だし汁と醤油とみりんと酒を混ぜて合わせ出汁を作ったら、豆腐を入れて強火で煮込みましょう。

煮立ったら器に豆腐を取り出しておき、合わせ汁の中に挽肉は加えて中火にかけたら、とろみ剤を混ぜて豆腐にかけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る