介護保険対象の介護・福祉用品

介護保険の対象になる介護・福祉用具は、販売とレンタルの2つに大きく分けられます。

介護保険の対象を考えた時に福祉用具の販売、つまり購入できるものは何があるのかというと、まずは夜中の排泄によく使われる簡易トイレが挙げられます。
そして浴室で使うシャワーチェアや浴槽グリップも対象の範囲です。
レンタルの方では車椅子、電動車椅子、手元のリモコンで操作できる介護ベッド、様々な種類の歩行器も介護保険の対象となります。

費用負担は販売とレンタルで少し違い、販売は1年で10万円までであれば1割〜2割の負担で購入することが出来ます。
しかし、購入するときは指定されている業者からでなければ介護保険の給付を受けられないので注意してください。
レンタルは1ヶ月のリース料に対して1割〜2割の負担となります。

また、介護・福祉用品ならなんでもこれらの2つの枠組みに入れられるかというとそうではなく、例えば紙おむつや滑り止めシートなどはどちらにも属すことが出来ないので、介護保険の対象にはなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る