車椅子からベッドへと安全に移乗しよう

車椅子からベッドへと移乗する際に、間違った方法を実践していると介助者の腰などに負担がかかってしまいますから、正しい方法を理解した上で安全に移乗するようにしましょう。

立ち上がりで軽介助が必要な場合のケースでは、車椅子をベッドの近くまで近づけて距離がほとんどない位置に設置したら、ベッドの柵を外したりブレーキをかけて固定しておきましょう。

肘置きや足置きが外せるタイプの車椅子は、ベッド側の部分を外して準備しましょう。

手を引っ張るだけでは立ち上がることができませんので、介助者はお辞儀をするように上半身を倒して、お尻を前方にズラして浅く座ってもらい、両足の位置も揃えてもらいましょう。

両脇を支えつつ、ベッド側へと立ち上がるように促して移乗のサポートを行うのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る