ポータブルトイレで正しく排泄介助しよう

麻痺などがあるため、イレまで動くのが難しいという高齢者にオススメの介護用品がポータブルトイレですから、今回は排泄介助のポイントをご紹介いたしますのでぜひ参考にしてみましょう。

介助を行う際には、相手の麻痺や身体状況、ポータブルトイレの形状などを理解している必要があり、排泄が終わったら相手が立ち上がる前に下着やズボンを大腿部まで引き上げておくことにより、スムーズに介助を行うことができるのです。

汚れを防ぐためにポータブルトイレの足元に新聞紙を敷いておくのは、滑りやすくなってとても危険ですからオススメできません。

座位が安定しないので、背もたれに寄りかかってもらおうと考えている人もいるかもしれませんが、腹圧がかかりにくい姿勢だとスッキリ排泄することができませんので設置方法に気をつけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る