自助具を使って在宅介護

在宅介護で一人で食事が難しい人に対しては、自助具の活用がオススメですからご紹介いたします。

片麻痺や半側無視などの人に対しては、深めの皿を用意して食事がこぼれないよう食器を選択して工夫したり、お箸の使用が難しい人に対してはスプーンやフォークを使ってもらうことで食事ができるのです。

それらが困難な人は、自助具という手の機能を補うことができるアイテムを活用することができますが、自助具には様々な形状がありますし、自分の手の形に合わせて形状を変えることができる物もありますよ。

利用する人の手に合うよう、出来合いの物に手を加えて自助具を作るのもオススメです。

自助具の皿は、縁の部分が丸い形状になっているので食事を掬いやすいですし、底の部分に滑り止めが取り付けてあるので、ぜひご利用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る