食事介助の注意点を理解しよう

高齢者は飲食物を飲み込む力が弱まっているため、食事中に噎せることがありますし、安全に食事介助を行うために注意すべきことがありますので、ぜひ理解した上で介助を行うようにしましょう。

食事は、足が必ず床に付いた状態で座位の姿勢が基本であり、高齢者と同じ目線で介助を行うようにしましょう。

食事を口から食べて栄養を摂取することにより、消化器や免疫機能に良い影響を与えて病気予防に繋がりますし、食べる楽しみを感じることが大切ですよ。

食事前には快適に食事できる環境を整えて、自分で座位姿勢を保つことが難しい方にはクッションを用意すると良いでしょう。

介助する際には、相手の麻痺の状態や食事内容によって介助の仕方を工夫してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る