食事介助にオススメの体操とは

食事介助をスムーズに行うために、オススメの高齢者向けの体操がありますので、ぜひ施設やご家庭で実践してみてはいかがでしょう。

嚥下が難しい高齢者が食事しやすくなるために口や首や肩の筋肉をあらかじめ動かして準備することが大切ですから、毎食前に5分ワンセットで体操を行いましょう。

まずはお腹に手を当ててゆっくりと深呼吸を行ってもらい、次に首の筋肉を上下、左右にそれぞれ3回ほど動かしてもらい、首を左右にそれぞれ3回ほど回してもらいましょう。

肩の体操では、肩をギューっと竦めて下ろすという動作を3回ほど行い、肩を大きく前後3回ほど回しましょう。

口の筋肉を動かすために発声の体操を行ってもらい、唇に力を入れて「パパパパパ」と言って食べこぼしを防ぐ体操を行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る