車椅子の基本的な操作方法

車椅子で移動する人を介助するなら、基本的な操作について知っておくと良いでしょう。

坂道を降りる時には、下り坂は高齢者が不安を感じやすいので後ろ向きに降りるのです。

屋外では道に溝がある事も考えられますので、車椅子のタイヤが溝に嵌まらないよう前輪を浮かせた状態で走行するのですが、介助者はタイヤの後ろにあるバーを踏みつつ走行して、溝がなくなったら前輪を下ろすのです。

段差に上がる時も、溝の時と同じように前輪を浮かせて走行する事が大切ですから、前輪を段差に乗せたら、そのまま車椅子を押しながら後輪も段差を走行するのです。

段差を降りる時には、坂道の時のように後ろ向きで降りるのですが、後輪を降ろす時に前輪を一旦浮かせて移動すると簡単に降りる事ができますので、ゆっくり走行しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る