食事介助で大切な事、知っておきたいポイント

食事は誰もが美味しく食べる事が大切ですが、一人での食事が困難だという方には食事介助が必要不可欠なのです。

まず介助者は食事の時間である事を伝えて食べやすい姿勢に整えたら、エプロンなどを付けてもらうと食べこぼした時に便利ですし、食事のメニューは1品1品を相手に見せましょう。

食べる前に口内のチェックを行い、口内の乾燥や粘付きがある場合には口腔ケアが必要になるそうです。

最初はお茶などの飲み物で口内を湿らせる時にはスプーンは少し下方向から入れる事によって食べ物を視界に入れる事ができますよ。

スプーンを引き抜く時には上唇を意識して真っ直ぐ引き抜きますが、もしスプーンを上方向から入れた場合には、相手の顎が上に向いてしまって誤嚥を引き起こす恐れがあるので注意が必要なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る