認知症の方への食事介助のポイントとは?

高齢者に対して食事介助を行う上で、知っておくべきポイントがありますのでご紹介いたします。

認知症の人などで食事を出されても食べ始めない場合には、食べ物だと認識していなかったり、食べ物以外の物に意識が向いていたり、食べて良いのか分かっていない可能性もあるのです。

そういう場合に介助する時には、食事に集中できる環境を整えたり、食べて良いと伝えたり、最初は数口だけ食事介助すると良いでしょう。

食事の途中で食べるのをやめてしまった場合には、集中力が低下してしまっているので食事に集中できる環境を整えたり、食事以外の物は別の場所に置いておくと良いでしょう。

箸やスプーンなどを上手く使えない場合には、高齢者自身に合う道具を用意したり、持ちやすい持ち方に修正するのがオススメですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る