排泄介助の方法について知っておこう!

自宅のポータブルトイレを使う排泄介助についてのポイントをご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょう。

自力か介助ありでベッドから起き上がる事ができ、座る姿勢を保つ事ができても、トイレまで歩く事が困難な人にはポータブルトイレがオススメなのです。

ベッドとポータブルトイレの高さをできる限り合わせたら、移乗しやすいようにベッドに横付けして使いましょう。

自力で動ける方は、自力で立ってポータブルトイレを使用し、介助が必要な場合には声がけを行いながら、介助者は高齢者の腰を支えた状態で立たせて、お尻を便座に向けたら服を下ろして、ゆっくりと座らせましょう。

トイレ中にどこで見守るのかは本人に確認して、基本的にプライバシーを守りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る