食事介助の方法について知っておこう!

高齢者への食事介助で大切なポイントについてご紹介いたします。

食事介助では高齢者の誤嚥に気をつけなければならないため、顎が上を向いている状態になっているなら、椅子に深く座ってもらって姿勢を正してもらい、顎が下がっている状態を確認してから食事介助を行いましょう。

食事を口に入れる前に、口腔内を潤してもらうために水を飲んでもらい、きちんと飲み込む事ができるかどうか確認を行いましょう。

食事のメニューを高齢者へ紹介して、高齢者が食べたい物を聞いて口に運ぶようにしましょう。

手皿ではなくお皿ごと口に運ぶようにして、顎が上を向かないように食べ物を口元に運ぶ際には下側から運ぶのがポイントですよ。

一口の量が多すぎると飲み込みづらくなる事が考えられますので、ちょうど良い一口量を運んで介助しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る