咀嚼や嚥下が困難だとしても、毎日食事は摂らなければなりませんので、食事介助の負担が軽減できる介助食についてご紹介いたします。

やわらか食は、見た目や味は通常と同じですが、柔らか製法により食べやすい柔らかさが実現していますので、嚥下機能などが低下してしまった人でも食事をお楽しみいただけますよ。

従来の介護食は、見た目などに配慮がされず、食べやすさが重視されていたために、食欲が湧かないという方も多かったようです。

ガラクトオリゴ糖を配合しているため、腸内でビフィズス菌を増殖させて、腸内の環境を整えてくれますよ。

やわらか食は、味だけでなく栄養も通常食と同じですし、メニューが豊富に揃っていますので、気になる方はぜひ注文してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る