杖の長さを決めて、自分に合う物を使おう

腰や足などが悪くなってきたら、歩行を補助してくれる杖を使用するのがオススメですが、杖にも長さや形など種類がありますので、今回は杖の長さの決める方法についてご紹介いたします。

杖の長さを決める場合には、自分の身長の半分の長さの物を選ぶとちょうど良いですが、メジャーなど身長を測る物を持っていない場合には、直立した時の手首の位置を参考にしましょう。

大腿骨大転子を参考にして、腰骨の少し下にある出っぱり部分の位置に合わせるようにしましょう。

腰が曲がっている場合には、その時の身長に合わせて、身長の半分くらいを目安にして杖の長さを決めると良いでしょう。

杖を使うことで、歩行のリハビリを行ったり、歩いて出かける喜びが感じられますので、ぜひ参考にして杖作りをしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る